父への感謝

子供からの父の日プレゼント

母に感謝する母の日があるのならば、父の日もあるべきだ、ということでアメリカで作られた父の日は、国によって日付に違いはありますが、日本は大多数の国と同じ6月の第三日曜日です。
お父さんにあげるのは、お母さんかもしくは子ども達になると思いますが、子供からお父さんへのプレゼントというのはどうしたらよいでしょうか。

子供では当然買える金額には限界がありますし、家計が親と一緒なのであればお金で買ったものでは、プレゼントとしては結局家のお金で買ったことになってしまいます。
そこで、子供たちからお父さんにプレゼントを贈るのならばやはり手作りではないでしょうか。

たとえば、お父さんの似顔絵を描いて贈るというのは定番でしょうし、もし文字が書けるようなとしであれば手紙でも良いと思います。
それか、夕ご飯を作ってあげるというのはどうでしょうか。

もちろんお母さんに手伝ってもらってでも良いです。
そして、お父さんのことを思って一生懸命作ったことを伝えてあげれば、きっとお父さんも感動してくれると思います。
もしもお父さんが甘党だったら、ご飯でなくお菓子などでもいいですね。

また、手作りというのとはちょっと違いますが、肩たたき券などの、お手伝いをする券も良いと思います。
そうすれば、お父さんも子供とのコミュニケーションを自然ととるチャンスも出来て嬉しいのではないでしょうか。

小さい子供を持つお父さん達自身も、父の日に欲しいものは似顔絵や手紙、という答えが一番多いように感じます。
そして将来子供たちが成長し自分でお金を稼ぐようになった時には、自分のできる精一杯いいものをお父さんに贈ってあげてもらいたいものです。

毎年の父の日には自分のできる精一杯のプレゼントを贈る、ということを続けていると、お父さんも子供が大きくなっていくのを強く感じると思います。
そして子供たちも、今度は自分がお父さんになった時に、子供たちからプレゼントをもらったときの喜びがより一層強いものとなるでしょう。
2014年の父の日はこちらhttp://xn--u9jv32nhzh.ws/

Menu