父への感謝

50代に喜ばれる父の日プレゼント

日本では6月の第3日曜日が父の日とされています。
お母さん、もしくは子供達は、普段の生活の中ではなかなか伝えられなくても、この日ばかりはいつも頑張ってくれているお父さんに対しての感謝の気持ちを素直に表そうとするのではないでしょうか。
そこで、父の日に何かプレゼントしたいと思った時、一体どんなものだったら確実に喜んでくれるでしょうか。

父の日らしい贈り物というのは意外にも決まったものがありません。
腕時計やネクタイなどが思い浮かぶと思いますが、それはあくまでも仕事をする男の人に向けてのプレゼントの定番であって、父の日の定番ではないのではないでしょうか。

また、同じ父の日のプレゼントといっても、贈る側のこどもたちやお母さん、そして贈られる側の父親が何歳なのかによってもプレゼントの選び方は違ってくるのではないかと思います。
だからこそ、その年毎で、その時のお父さんにぴったりとくるプレゼントを選ぶようにしましょう。

たとえば
50代のお父さんの場合、仕事盛りの若さはないかも知れませんが、何事においても熟成してきている頃だと思います。
また、子供の方は大学生だったり既に仕事に就いていたり、ある程度独立している人が多いのではないでしょか。

自分で稼ぐようになったお金で少し高価な品、たとえば万年筆や時計、をプレゼントするのもいいですが、もしも子供が20歳を超えているのなら、
一緒にお酒を飲む機会を作るのも一つの親孝行の形、父の日のプレゼントの形となるのではないでしょうか。
お酒を呑みながら、無事に成長し成人したことを新たな形で実感してもらうことは、同時に、そこまで育ててくれた父親に対する感謝の気持ちの表れともなります。

また、大人になったからこそ、小さな子供だった時と同じように、手紙を書いて贈るのもいいかもしれません。
恥ずかしがりながらも感謝の気持ちを込めて書いた手紙は、お父さんが何歳になっても一番心に響くプレゼントになるのは間違いありません。

↓相性で選ぶパワーストーン

Menu