父への感謝

父の日プレゼントの予算

日本では、6月の第3日曜日が父の日とされています。
この日は普段家族のために頑張ってくれているお父さんに感謝を表す日で、贈り物をする人も多いのではないかと思います。

父の日の贈り物選びは、相手が父親ということもあり、他人相手とは違った気恥ずかしさなどもあり、中々難しいものです。
そして、選ぶながらも、どの程度の値段のものなら良いか、予算をどれくらいに見積もったら良いかというのは大きな疑問となると思います。

まず、自分一人で買うのか、それとも家族みんなからの贈り物として買うのかという点でも予算は変わって来ます。
家族みんなで選ぶのであれば、お母さんを中心に相談して、出せる金額を決めましょう。

自分一人で出資する場合、年齢によって大きく違ってきます。
父の日は、たとえ父親が何歳になっても訪れます。
むしろ、年をとれば取るほど、長生きしてくれることがありがたくなってくるので、おおきくなってからこそ祝うべきものでしょう。

なので、自分自身が子供のときの父の日と、大人になってからの父の日では、予算も当然違います。
子供の間は、自分の使うお金も一家の家計の一部だと思うので、あまり無理をしない程度のもの。
もしくは物以外の、お手伝いをしてあげる、ご飯を作ってあげる、似顔絵を描いてあげる、などのお金を掛けないプレゼントでもいいと思います。

そして、大人になって親元から独立した時には、思い切って高額のプレゼントを選んでみてください。
そうすることによって、自分自身が成長したことを示してあげることにもなるのではないでしょうか。
実際に使った金額を尋ねたアンケートなどによると、父の日の贈り物の予算としては4000円~5000円程度が最も多い割合とされています。

ともあれ、プレゼントは値段ではなく、心がこもっているものなのか、喜んでもらえるよう真剣に悩んで選んだものなのかという点が最も大事なのではないでしょうか。

Menu